アルファードの廃車価格と買取相場

初代 アルファード 買取価格

オークション会場に出品されたアルファードです。

コチラの車両は平成14年式ですからアルファードデビューの年の年式となります。15年経過しているとあって走行距離も16万km超えです。車検は残っているものの、フロントバンパーの傷やスライドドア、フェンダーなどのボディの傷も多々有り、内外装の劣化がひどく、決して程度が良い車とは言えません。

またこの車は初代アルファードの2400ccのエンジンに多く見られた『エンジンオイルの消耗』も対象車です。中古車市場では年式、走行距離など車の程度によってはまだまだ人気がある車ですが、やはり15年落ち16万km超えの車となってはディーラー系中古車や中古車販売店などのクルマ屋さんではクレームなどハイリスクな車となり、販売にも買取にも消極的になります。

しかし、中国やロシアではアルファードの人気が高く、旧型のアルファードでも需要があるため、事故歴などの査定はせず、通常廃車扱いされる程度の車でも無条件で高値で買取が可能のなるのです。

旧型アルファード 買取価格30万円超え

同時期に福岡で出品されたアルファードです。

この車で驚くべきところは11年落ち、15万km超えにもかかわらず32万円で落札されているところです。はじめのアルファード同様にボディーなど車の程度の評価は低く特にセールスポイントはない車ですが、この評価価格です。

事故歴にはなりませんがリヤパネルの歪みも有り、事故歴スレスレの評価点です。国内の中古車市場ではコミコミ50万円でも売れる車とは言い難い内容です。コチラの車も中国、ロシアを中心に海外へと輸出されるのでしょうか。

初代アルファード、旧型アルファードはもちろん低走行、低年式、無事故車であれば驚くほどの査定価格がでますが、上記のように旧型、初代アルファードでも走行距離や年式、事故歴などは査定に大きく影響はありません。

しかし、全国的に一般的のディーラーや中古車販売店などでは自社で販売価値のない車に限っては、ほぼ廃車扱いとされ、オークションの相場があるにもかかわらずその相場で買取しないのには、海外の輸出相場を知らないためにリスクを負いたくないのが理由です。

『低年式だから、過走行だから、事故歴アリだから』という思い込みは高値で愛車を売却することはできません。鉄くず、スクラップ扱いする業者でどんなに交渉しても時間の無駄です。海外でどのような車種が人気があり、相場の変動に敏感な業者に買取査定してもらいましょう。

アルファード 事故現状 買取価格

コチラの車両はオークション会場に出品された事故現状車のアルファードです。おそらく新車で購入したのでしょう。ちなみに新車価格は25S(8人乗り)3,537,491円です。平成27年5月登録ですから、約2年間乗ったわけです走行距離は約1万5千km。事故の原因は不明ですが、フロント廻りは大破。。。左リヤドアからフェンダーにかけての損傷も大きく修理見積りだけで高額になるはずです。

新型アルファードのフロントバンパーの交換は約20万円かかり、非常に高額となっています。ざっと概算見積りを出すと100万円以上はかかるはずです。車両保険などに加入していて、修理したとしても事故歴アリ、修復歴アリと、いわいる事故車扱いされ非常に低い評価を受けます。

しかし、この損傷で事故現状車としてもオークションでは173万もの価格で落札する業者がいるのが現状です。これを損と判断するか、得と判断するかは車両保険の加入の有無にもよりますが、普通車の事故現状車では考えられない査定金額です。

旧型アルファード 追突事故 オークション価格

某オークションにて、出品された旧型アルファードです。

 

この車で驚くべきところは走行距離が44万kmも走っているところです。通常20万kmの走行距離でも査定対象外とされるにも関わらず、44万kmのうえに事故現状車なわけです。そしてその落札価格は49万8千円と高値で落札されています。金額だけ見れば高額ではありませんが、過走行と低年式と事故現状のハイリスクカーでこの価格は実は特別ではない理由があるのです。

事故の損害状況をみればトランクとリヤバンパーの交換、バックパネルの歪みの修正で復活するでしょう。また追突事故のほとんどは過失割合が相手に10割の過失が発生するため高額な見積りで修理代金を保険会社に請求できます。そしてアルファードが人気のロシアや中国などの海外では過走行、低年式など関係ありません。そのためこのような非常に高い金額で落札されたわけですが、落札した業者にとっては安い買い物だったのかもしれません。

もちろん低走行、低年式、無事故車であれば驚くほどの査定価格がでますが、このようにアルファードは走行距離や年式、事故歴などは査定に大きく影響はありません。保険会社からの保険金を考えると逆に大きな利益が出るかもしれません。

しかし、事故を起こし落ち込む人やどう対応していいのかわからない人などは冷静に判断できず、ましてや事故車だから査定が低い、廃車になると思い込んでいる人も多いはずです。事故車でも売れるという情報量の少なさに判断を間違えずに、高く買取りしてくれる業者を選びましょう。

そして、その売り先がロシアや中国などの海外輸出業者であればきっと高く評価してくれるはずです。

 

 

アルファードの売り先

まずは上記のオークション相場を踏まえ、今のアルファードの価値を知るために、かんたん車査定で買取相場を調べましょう。
かんたん車査定はフォーム入力後すぐにおおよその買取り相場を知ることができます。

☆かんたん車査定で買取価格をチェック!!


かんたん車査定ガイドはコチラから⇒

次に海外の輸出相場を調べましょう。カーネクストは海外輸出専門の買取業者です。廃車や事故車も高価で買取り、そのほとんどは海外へ輸出されます。
海外で大変人気が高いアルファードは事故車や過走行車、故障車でも高値で買取可能なはずです。必要4項目入力ですぐに買取価格が分かりますよ!!

☆カーネクストで輸出相場をチェック!!

輸出に強いカーネクストはコチラから⇒

事故現状車でもオークション相場が高いことはわかりましたよね。
事故現状車でもオークション並みに買取してくれるTAUはどんな状態でも高価買取可能です。また、引き取り手数料や事務手数料ももちろんタダ!!

☆事故現状車買取のTAUで買取価格をチェック!!


事故車買取のTAUはコチラから⇒

これらのように、国内の買取り相場】【海外の買取り相場】【事故現状、故障車専門の買取り相場をそれぞれチェックしたうえで最高値を叩き出しましょう!!

もちろん低走行、低年式、無事故車であれば驚くほどの査定価格がでますが、このようにアルファードは走行距離や年式、事故歴などは査定に大きく影響はありません。保険会社からの保険金を考えると逆に大きな利益が出るかもしれません。

しかし、事故を起こし落ち込む人やどう対応していいのかわからない人などは冷静に判断できず、ましてや事故車だから査定が低い、廃車になると思い込んでいる人も多いはずです。事故車でも売れるという情報量の少なさに判断を間違えずに、高く買取りしてくれる業者を選びましょう。そして、その売り先がロシアや中国などの海外輸出業者であればきっと高く評価してくれるはずです。
査定をうけることが決まった車について、現行アルファード体についた傷をどうしたらいいか思い悩む人もいるようです。これは傷の大きさによります。小さくて自分で直せそうなら、直しておくにこしたことはありませんが、別に修理に出さなくても問題ないです。

 

スマホの使用法は多岐にわたりますが、沖縄でアルファードの査定もやはりスマホから行なえるのをご存知でしょうか。パソコンを使うことがあまりなくてもネットの一括査定をスマホで利用できますから、相当便利に使えます。ちょっとでも高く買い取ってくれる買取業者を見つけ出すため、査定は数社に申込んでみるのが良いでしょう。沖縄でアルファード査定用アプリも随分出てきましたので、それらを使うことでさらに効率的に業者探しができるかもしれません。

沖縄でアルファードを査定してもらう際の大まかな手順は、一番初めに一括査定をインターネットなどで申し込みます。そうすれば、中古沖縄でアルファード買取業者から入力情報を基にした査定額が表示されますから、査定の高い業者や、信頼できそうな業者を選び、沖縄でアルファードを実際にみてもらって査定してもらいます。査定の額が充分であると思ったら、契約をし、沖縄でアルファードを売ります。

代金はその日にもらえるのではなく、後日振り込まれる場合が大半を占めます。ネットを使って、沖縄でアルファードの査定の大体の相場が分かります。いわゆる大手の中古沖縄でアルファードの買取を行っている業者のホームページで、沖縄でアルファード買取価格の相場を調べることができます。相場を知っていれば、相場より安く売って損してしまうこともないので、申し込みの前に確認をきちんとしてください。

しかし、沖縄でアルファードの状態によって変わってしまうので、絶対に相場通りに売れるというわけではありません。沖縄でアルファードの売却、その査定を考え始めたら、大変便利に使えるのが一括査定サイトです。でもこれを使うと、業者から営業電話が入ってきますし同じ様に営業メールも来るということは理解しておいてください。それが困るなら電話を着信拒否するために一括査定申し込みシートに携帯番号だけを書いておき、メールアドレスはその時だけのいわゆる捨てアドレスを使用すると良いでしょう。

そして、オンラインではない実物の沖縄でアルファードの査定についても業者は複数利用するのがおすすめです。沖縄でアルファードの査定の際、走行距離が短い方が査定にプラスとなります。走った距離の長い方が、その分だけ沖縄でアルファードの状態が劣化してしまうからです。とは言っても、走った距離のメーターに細工をするとサギとなるので、走ったものは諦めましょう。今後は沖縄でアルファードを売りに出すときの事を考え、無駄には走らないようにすることをお勧めします。

不幸にして事故を起こした沖縄でアルファードであっても査定を受けることは可能ですが、査定の額は低くなるでしょう。しかし、事故にあったことを隠しても査定する人にはバレてしまうので、マイナスになってしまいます。もし、事故での損傷がひどすぎる場合は、事故沖縄でアルファード専門で行っている中古沖縄でアルファード買取業者に査定を頼むと良いでしょう。その方がより高い査定金額をつけてもらえることも多いです。中古沖縄でアルファードの査定についてよく言われることですが、簡単なのでそうしたくなりますが一つの会社だけに任せてしまってはいけません。どうしてかというともしその業者ではない別の所を使っていたら高く売れていた可能性が高いと推測されるからです。

近頃ではインターネット上のサービスを使っていくつかの中古沖縄でアルファード買取業者から同時に見積もりを出させてどこが一番高く買ってくれそうなのかがわかります。少々手をわずらわせることになるかもしれませんが、多くの業者によって査定を受けておくと結局のところは査定額アップになり満足のいく取引ができるでしょう。中古沖縄でアルファード買取業者の査定を受けようとする時に知っておくとよいことですが、一つの業者だけに査定をたのまず必ずいくつかの業者を使い、洗沖縄でアルファードして汚れは落としておき、必要書類はきちんと準備しておきましょう。

それから、後になって話がもつれるようなことになってはいけないので、事故沖縄でアルファードであるなど伝えておくべきことはきちんと申告しておいてください。業者の査定額があまりにも期待外れだったなど、心から納得できない場合はもうそこに売るのはやめ、悔いを残さないようにしましょう。沖縄でアルファードを査定に出す時は、手間をかけてもスタッドレスタイヤをつけたままにするのではなく、標準のタイヤにしておきましょう。査定の際、スタッドレスタイヤはマイナスとなるでしょう。状態が良ければスタッドレスタイヤも沖縄でアルファードとまとめて買い取ってもらえることもありえますが、溝がない状態になってしまっていると、処分にお金がかかってしまうかもしれません。

ネットで業者に沖縄でアルファードの査定を申し込もうとする際、申し込み画面で電話番号などデリケートな個人情報を求めている業者が大部分であるようです。査定を受けたいのはやまやまだけれど、「ネット上に個人情報を流すのが不安」「営業の電話がどんどん掛かってくるのがイヤ」などで、査定の手続きをネットで行なうことに気が引けてしまうかもしれません。そんな声が届いたのか近頃は、電話番号など個人情報の記載不要で買取額が大体わかるようになるサイトもいくつか出現していますので、沖縄でアルファードの査定に興味をお持ちなら一度試してみましょう。沖縄 廃車業者ベスト10